IoTセンサキャスター
IoTセンサキャスター

EnOceanセンサ機器でデータを取る

IoTセンサキャスター

キャスターの回転により発電する環境発電技術を採用。
電源供給のための配線や電池が不要のメンテナンスフリーキャスターです。
ホールセンサと加速度センサのセンシング情報をEnOcean無線通信で送信できます。

センサ情報を取る(EnOcean)

IoTセンサキャスターのセンシング情報

enocean

ホールセンサと加速度センサのセンシング情報をEnOcean無線通信で送信できます。

キャスターの回転で発電

キャスターの回転で発電の分解図 キャスターの回転で発電の分解図

IoTセンサキャスターの機能
(ホールセンサ・加速度センサ)

移動速度
キャスターの移動速度を測定することで作業時間(サイクルタイム)の最適化に活用できます。
移動距離
キャスターの移動距離を測定することで効率的な運搬方法の検討に活用できます。
振動・衝撃
キャスターが受ける振動や衝撃を測定することで、物流品質の向上に活用できます。

センサ情報を取る(EnOcean)
対応キャスター

  • 速度
  • 距離
  • 振動
  • 位置

  • 速度
  • 距離
  • 振動

位置情報を取る(Wi-SUN FAN)

Wi-SUN FAN位置検知システム

IoTブリッジ(中継器)は、IoTセンサキャスターからBLEビーコンの電波を受信し、
位置情報をIoTゲートウェイへWi-SUN FANマルチホップ送信できます。

Wi-SUN  FAN位置検知システム

IoTゲートウェイは、複数のIoTブリッジで受信したBLEビーコンの電波強度を収集し、各IoTノードの位置情報を推定します。

電波強度による測位イメージ

電波強度による測位イメージ

位置情報を取る(Wi-SUN FAN)
対応キャスター

  • 速度
  • 距離
  • 振動
  • 位置

位置情報を取る(BLEタグ)

BLEタグ位置検知システム

motionboard

トリガーエリアに入るとBLEタグから信号を発信、
b-readerがタグIDとトリガーIDを受信することで、位置情報を検知します。

キャスター位置を検知

出入口や各ポイントにキャスターを検知するトリガー磁界を設置します。キャスターがトリガー磁界を通過した時に検知します。

屋内位置検知(IoTセンサキャスター)
各機器の設置場所は現地調査後に決定します
BLEタグ内蔵キャスター
キャスターがトリガー磁界を通過した時に検知します。(磁界の外でキャスター回転中は3秒間隔で定期送信)
誤検知のリスクが少ない
トリガー磁界のIDを用いた位置検知は、受信電波強度を用いた位置検知に比べて精確です。
バッテリーレス構造
IoTセンサキャスターは、自転車のライトでも使われているダイナモ発電なので電池交換不要です。

IoTセンサーキャスターBTタイプの仕組み

IoTセンサーキャスターBTタイプの仕組み

位置情報を取る(BLEタグ)
対応キャスター

  • 位置